ワックスに代わる新しいメンテナンスシステムとして
多くの施設や交通機関で採用いただいております

JRグループ様
ニトリ様
IKEA様
島忠 ホームズ様
マツモトキヨシ様
トライアルカンパニー様
青山商事様
JR博多駅 マイング様
上海センター様

FCコーティング&ファインタイル導入事例

<宮崎空港 様>
ファインコートの導入が完了

宮崎空港ターミナルビルのレジンテラゾー床において、「ファインコート石材メンテナンスシステム」への管理切替が完了しました。宮崎空港ターミナルは、元々砥石による研磨管理を行っていたところ、プロ野球キャンプをはじめ、観光客の歩行が激しく、ひと月も経てば光沢が劣化してしまい、頻繁に研磨を繰り返している状況でした。
弊社のご提案による「ファインコート石材メンテナンスシステム」は、石材床の表面に、薄いガラスの塗膜を形成し、その塗膜を研磨することで光沢を復元することができる、世界にも類を見ない先進の石材床管理システムです。昨年3月に試験導入を頂き検証の結果、9カ月経過してもほとんど光沢の劣化が見られず、宮崎空港長からも高い評価を頂き、この度ご採用を頂くことができました。

<青山商事 様~紳士服>
テナント以外設計仕様として標準指定

「洋服の青山」でお馴染みの青山商事様では2013年よりフロアタイルお預り加工サービスを導入・検証頂いていましたが、約2年間の検証期間を経て一昨年より、新店での標準仕様としてご指定をいただきました。この2年間で20店舗、2018年以降も標準仕様として導入が決定しています。

<ニトリ 様>
2019年の新店から導入してます。

現在国内428店舗でホームファッション、ホームファニシング事業を展開するニトリ様。ニトリ様では、既に約350店舗の既存店でファインコートの導入を頂いていますが、2018年の新店では、ファインタイル(タイルお預り加工)でもご導入頂く予定です。既に東京本部隣接のニトリ赤羽店1Fで、ファインタイルのご採用を頂きました。

<ダイソー 様>
2017年新店2店舗で試験施工実施

国内外で100円ショップ3,000店舗以上を展開する大創産業様で、2017年7月以降2店舗でファインタイルの試験導入を頂きました。一時期セラミックタイルを採用されていたダイソー様では、床が硬いことによる疲労感や歩行性、コスト面に課題を感じられ、塩ビタイルでありながらセラミックタイルの様に管理できるファインタイルに期待を頂いています。

JR東日本 様 E721系車両
28年9月より翌3月まで91両に導入開始

平成28年9月よりJR東日本仙台支社管内のE721系車両にて、ファインコートメンテナンスシステムが正式採用され、来年3月までの工期で、91車両への導入が決定しました。当初、弊社が立会を行いつつ、実際の施工はJRテクノサービス仙台の施工チームが技術修得を兼ねて実施していただく流れです。技術移管がスムーズに進めば、新型車両への導入も予定したい…との声を頂戴しました。

JR博多駅隣接の商業施設『マイング』 様
通路部を中心に約1,800㎡にて導入

JR博多駅隣接の商業施設『マイング』が2015年12月、26年ぶりにリニューアルしました。それに伴い、コンコースを中心に約1,800㎡のエリアで、ファインコートメンテナンスシステムでの管理が実現しました。開業から10日間で、69万人が来館、その後も平日で8.5万人、休日で10.8万人(※博多ステーションビルHPより引用)の出入りがある超重歩行エリアの為、通常のワックス管理では美観が維持できないところ、ファインコートの高硬度膜が長期に亘り防汚効果を発揮し、開業から9か月を経た現在も良好な状態を保っています(但し、4ヶ月毎に部分補修実施)。同エリアは元々、大理石を使われており、当初の計画ではセラミックタイルへの張替えを検討されていたところ、石材系床材による疲労感や、少子高齢化の流れの中、転倒事故等のリスクに強い、塩ビ系床材が採用されました。塩ビ系床材でありながら、セラミックタイル同様、洗浄程度の日常管理で容易に美観を維持できる点、管理会社である九州メンテナンス、運営母体である博多ステーションビルからも、評価を頂けたものと自負しています。

導入実績一覧

主なスーパーマーケットの施工実績
地 方 企 業 様 名 管理店舗数 管理面積
東北 ブイチェーングループ 13 店舗  5,560 ㎡ 
  株式会社 マエダ 14 店舗  14,750 ㎡ 
関東 アコレ 株式会社 62 店舗  16,580 ㎡ 
  株式会社 京急ストア 22 店舗  11,530 ㎡ 
  株式会社 文化堂 13 店舗  8,850 ㎡ 
  株式会社 ベルク 10 店舗  13,020 ㎡ 
  株式会社 ヤマイチ 10 店舗  4,990 ㎡ 
       
中部 株式会社 カネスエ 24 店舗  36,600 ㎡ 
  株式会社 タカラ・エムシー 12 店舗  7,485 ㎡ 
  株式会社 ツルヤ 21 店舗  33,420 ㎡ 
  株式会社 原信 25 店舗  33,520 ㎡ 
  株式会社 フレッセイ 33 店舗  38,910 ㎡ 
近畿 エバグリーン廣甚 株式会社 15 店舗  22,360 ㎡ 
  株式会社 関西スーパーマーケット 37 店舗  37,430 ㎡ 
  株式会社 スーパーナショナル 10 店舗  5,430 ㎡ 
  不二商事 株式会社 11 店舗  12,230 ㎡ 
  株式会社 マルアイ 24 店舗  14,080 ㎡ 
       
中国 株式会社 Aコープ西日本 14 店舗  5,530 ㎡ 
九州 株式会社 アタックスマート 27 店舗  21,450 ㎡ 
  イオン九州 株式会社 29 店舗  274,670 ㎡ 
  株式会社 A・コープ鹿児島 44 店舗  23,780 ㎡ 
  エフコープ生活協同組合 14 店舗  9,350 ㎡ 
  株式会社 ジミー 11 店舗  2,020 ㎡ 
  株式会社 タイヨー 24 店舗  56,900 ㎡ 
  株式会社 トライアルカンパニー(九州エリア) 23 店舗  63,600 ㎡ 
  株式会社 マルエイ 15 店舗  7,410 ㎡ 
  丸高商事 株式会社 13 店舗  11,730 ㎡ 
  株式会社 マルミヤストア 41 店舗  36,200 ㎡ 
  株式会社 レッドキャベツ(九州エリア) 22 店舗  6,310 ㎡ 
       
主なドラッグストアの施工実績
地 方 企 業 様 名 施工店舗数 施工面積
関東 株式会社 杏林堂薬局 60 店舗  51,920 ㎡ 
  株式会社 クスリのマルエ 41 店舗  16,030 ㎡ 
  株式会社 クリエイトエス・ディー 15 店舗  8,740 ㎡ 
  株式会社 ココカラファインヘルスケア(関東エリア) 15 店舗  4,820 ㎡ 
  株式会社 スギ薬局(関東エリア) 59 店舗  20,710 ㎡ 
  株式会社 マツモトキヨシ(関東エリア) 136 店舗  55,220 ㎡ 
中部 株式会社 スギ薬局(中部エリア) 197 店舗  88,330 ㎡ 
  株式会社 クスリのアオキ(中部エリア) 100 店舗  65,400 ㎡ 
  中部薬品 株式会社 32 店舗  25,730 ㎡ 
  株式会社 マツモトキヨシ(中部エリア) 14 店舗  4,870 ㎡ 
近畿 株式会社 スギ薬局(近畿エリア) 176 店舗  79,790 ㎡ 
九州  株式会社 ココカラファインヘルスケア(九州エリア) 13 店舗  4,958 ㎡ 
  株式会社 マツモトキヨシ九州販売 26 店舗  6,910 ㎡ 
       
その他の施工実績
地 方 企業様名 施工店舗数 施工面積
東北 株式会社 カルラ 11 店舗  1,140 ㎡ 
関東 青山商事 株式会社(関東エリア) 16 店舗  6,960 ㎡ 
  株式会社 アクトス(関東エリア) 11 店舗  4,410 ㎡ 
  株式会社 イオンファンタジー(関東エリア) 44 店舗  23,180 ㎡ 
  株式会社 ニトリ 399 店舗  536,706 ㎡ 
  株式会社 ビックカメラ(関東エリア) 11 店舗  33,060 ㎡ 
       
中部 株式会社 アクトス(中部エリア) 13 店舗  4,930 ㎡ 
近畿 株式会社 アクトス(近畿エリア) 10 店舗  4,940 ㎡ 
  株式会社 ノジマ 12 店舗  20,320 ㎡ 
  株式会社 ハークスレイ 32 店舗  1,380 ㎡ 
九州 株式会社 イオンファンタジー(九州エリア) 21 店舗  12,480 ㎡ 
  株式会社 オーリック 14 施設  920 ㎡ 
  鹿児島ダイハツ販売 株式会社 10 施設  2,230 ㎡ 
  なべしまホールディングス 株式会社 15 店舗  2,230 ㎡ 
  株式会社 ワイドレジャー(九州エリア) 16 店舗  10,850 ㎡ 
       

2020年8月31日現在

最新の実績については
九州ハイテックニュースをご覧ください